店主からご挨拶

祝!35周年感謝コース 8,800円
携帯からもかも川の情報をご覧頂けます。QRコードをご利用下さい。

黒毛和牛の魅力

かも川はお肉の素材に一貫したこだわりをもっています

黒毛和牛は松坂牛や神戸牛といった国産牛の中でも、それらを超えると言われる最高級のお肉です。特に、お肉のきめの細かさや、とろける程の美味しさで、どこをとっても和牛肉の最高峰として、ゆるぎない評価を誇っています。

肉の格付けには目安として「枝肉取引規格」があり、「並」「上」「特撰」の3種類に分けられ、肉質の判定は、(1)脂肪交雑、(2)色沢、(3)きめおよび締まり、(4)脂肪の質および色沢であり、料理した場合柔らかく風味がよく、かつ肉汁が充分に含まれていて味のよさがあること等が必要となります。

かも川では、この「特撰」である黒毛和牛の肉を存分に使用しており、丹念に焼き上げたお肉は、一度口の中に入れると、肉のうま味と香りがお口中にひろがって、他の肉とは比べものになりません。その黒毛和牛の一番美味しいところを食べてみてください。

かも川の黒毛和牛について

<伊万里牛>
佐賀県の伊万里市で育てられた黒毛和牛。佐賀牛とも呼ばれる。北部九州ではそのまま伊万里牛の名前で高級牛肉として出回っているが、半分くらいは松坂に送られて解体され、松坂牛として市場に出回っているらしい。
おいしい保存方法
・パーシャル冷凍で完全には凍らさない事!
(固まらすと、溶かした時に肉汁が一緒に溶けてしまい旨味が逃げてしまいます。できるだけ生のままで保存させ、早く食べることをおすすめいたします)

部位別 牛肉のおいしい食べ方

1.肩肉
よく運動する筋肉が集まっているので、エキスやゼラチン質も豊富。大根と相性がよいので薄切りにしてお惣菜に。また、カレーやシチューなどの煮込み、ブイヨンを取るのにも好適です。

2.肩ロース肉
適度に脂肪があり風味もよいので薄切り肉料理に向いてます。

3.リブロース肉
きめの細かさ、柔らかさ、風味、どれをとっても一番の部位。脂肪が網の目状に入ったものは最上級です。しゃぶしゃぶやすき焼きをはじめ、かたまりのまま天火で焼き上げるローストビーフ(芯にさくら色の生の部分が残るくらいがちょうどよい焼き加減)にも最適です。

4.サーロイン
リブロースから続くロース部分の肉。適度な霜降りもあり肉質は最高。
火を通したときのフレバーな香りと風味は、ぜひ厚切りステーキ(焼き上げてから人数分にわける)にしてお楽しみください。

5.ヒレ肉
サーロインの内側にある細い肉。
ほとんど使われない筋肉なので柔らかさは抜群。焼く前にたたいたり、筋切りの必要はありません。
脂肪が少ないのでベーコンなどを巻いて焼くとコクがでます。

6.バラ肉
赤味と脂肪が層をなしているので、うまみ成分が豊富。
肉の周囲を香ばしく焼いた角切りを煮込むと、濃厚な風味のあるシチューができあがります。

7.もも肉
脂肪が少なく健康上あぶらの摂取を控えている方にも安心。網焼きや鉄板焼きにするのがコツです。

8.ランプ肉
脂肪が少ない、柔らかな赤味。ステーキの他、細かく刻んで食べるタルタルステーキや刺身など、生でも美味しくいただけます。
福岡は薬院の隠れ家 ステーキハウスかも川へようこそ 予約電話:092-731-4825